2016年11月13日日曜日

トヨタ車の錆訴訟 アメリカ

 トヨタは、SUVの防錆に不具合があったとして3600億円の支払いをすることになりました。
リンクは下記です。 詳しいことはこちらにも
日本車が錆びやすいのは、海外でも有名な話で、特に日本国内販売車の錆は、ひどいものがあります。タイ製造の車両も同じ評判で、カンボジア国内の話としては、タイ製造の日本車は錆がひどいので、アメリカから輸入したトヨタ車のほうが良い、と言われています。
 私はアメリカ製造のカローラ15年落ち、左ハンドルをカンボジアで使っていますが、錆ひとつ出ていません。カンボジアの高温多湿地域で、路上駐車でですよ、、
おそらく、日本の自動車メーカは、輸出もしくは現地生産の段階で、防錆を含め同じ名前の車でも品質に差をつけていると思われます。 最もひどいのが、日本製造の日本向け車両です。
たとえば、私は日本国内ではオリックスリースで新車を2年リースして使っていますが、返却時に2年しか経過していない車両でも、いたるところに錆が出ています。長く愛着を持って車に乗ろう!というのは日本車ではもう無理でしょう。ドイツ車とかを購入したほうがよろしいかと思います。日本車は使い捨てです 。
目先の利益で粗悪な車両を作る日本企業は、近いうちに品質低下が知れ渡り、売れなくなって大変なことになるでしょう。早い話が日本人がバカにしている韓国車と同じような品質ということです。
少なくてもカンボジア人はそう思いだしています。

日本国内のみなさん、最近車の価格が高騰して、外車とあまり変わらなくなってきました。悪いことは言いませんから、国産車ではなく、ドイツとかの安い車を購入しましょう。長く乗れます。

Toyota in $3.4 Billion Settlement Over Corrosion in Some Trucks and SUVs

Toyota Motor Corp. has agreed to pay up to about $3.4 billion to settle claims that certain of its trucks and sport-utility vehicles lacked proper rust protection, leading to premature corrosion of vehicle frames.