2015年8月30日日曜日

テキサス親父 正論だね

ZAKZAKの記事から
 【痛快!テキサス親父】日本の学生デモはおかしいぜ 中国の軍拡や侵略をアシストする可能性大だな
 ハ~イ! みなさん。日本では最近、学生らのデモが盛んに行われていると聞いたぜ。一般的に、若い学生諸君が政治や経済、外交、安全保障に関心を持ち、自分たちの主張をすることは、素晴らしいことだ。 台湾では昨年3月、中国と調印した「サービス貿易協定」に、学生らが「中国に取り込まれる」と反対して立法院を占拠する「ひまわり運動」が発生した。香港でも同年9月、中国共産党が押し付けようとした選挙制度に反対する、学生中心の「雨傘革命」が起きた。 2つに共通するのは、一党独裁で基本的人権を軽視する中国共産党の横暴に対して、若者たちが「自由と民主主義を守ろう」と立ち上がった運動ということだ。
中国は、日本への野望もあらわにしている。 沖縄・尖閣諸島周辺に艦船を連日侵入させて、「琉球(沖縄)も中国領だ」と主張している。東シナ海には軍事転用可能な海洋プラットホームを増設させている。東京都・小笠原諸島などにはサンゴ密漁目的とみられる中国漁船が200隻ほど押し寄せた。
 日本の学生のデモも、同じだと思っていたが、まったく違った。日本の友人に聞くと、日本のデモは、安全保障関連法案の成立を目指している、安倍晋三首相や同政権に対するものだという。
  加えて、一部の学生は「安倍死ね」「バカ」といった暴言を繰り返し、安保法案を「戦争法案」と言い換えて、攻撃しているらしい。沖縄の米軍基地前で 「ファック・ユー」「ヤンキー・ゴー・ホーム」などとヘイトスピーチ(憎悪表現)を連発し、日米同盟の弱体化を狙っている極左活動家とソックリじゃない か。
 彼らは、中国が南シナ海の岩礁を次々と埋め立てて軍事基地化していることを知らないのか? 新疆ウイグルやチベット、内モンゴルの人々が弾圧を受けている事実を知らないのか? 日本とアジアにとって「今そこにある危機」は、中国の軍事的覇権主義だ。
学生諸君は「台湾や香港の学生のように、自由と民主主義を守る」と思っているのかもしれないが、実際は左派勢力のプロパガンダに乗せられて、まんまと中国の軍拡や侵略を手助けしている可能性が高いぜ。
 米国でも、共産主義者が教育界や法曹界、言論機関、芸能界などに深く浸透している。彼らは、思想的に真っ白な若者を洗脳して、カルト化させていく。洗脳された若者は、自分の言動が矛盾していることすら理解できないほど、思考停止に陥ってしまう。

 現在の世界では、どの国も一国では自らの平和と安全を維持することはできない。米国の力に陰りが見えるなか、安倍首相は日本と日本人の生命と財産を守るため、安保法案を成立させようとしている。反対する国が、中国と北朝鮮、韓国というだけで、反対勢力の背景が分かるはずだ。

 親愛なるみなさんと、日本と米国に神のご加護がありますように。学生諸君が国際情勢を冷静に見極めることを祈っている。売国政党や売国メディアにダマされるなよ。

 では、また会おう!
 ---------------------------------------------------
 ここカンボジアのコッコンでも、中国の進出が際立っています。
巨大ダムと水力発電所の建設(完成)漁民を押しのけての軍港整備(完成)などなど
中国が覇権主義に動き出したのは明白で、東南アジア諸国は懸念を表明し特にベトナム、フィリピン、台湾では強力に中国批判行動が行われているが、日本は左派勢力の国民洗脳活動で真実を理解できなくなっている。
日本のマスコミや政治家が、いかに中国、韓国に操られているか、ということがいま良くわかる時期で、彼らをあぶり出し反日本勢力として認定する絶好の時期かもしれません。
特に9条9条〜〜と言っている勢力は、国賊認定確定です。
現在、竹島が韓国に不法占拠されています。尖閣諸島は中国に乗っ取られる寸前です。
9条信仰者は自らが言っているとおり、これら2国を訪問して、戦力によらず話し合いで解決してきてください。もし話し合いで早期解決できたら、私は発言を撤回し、自らの考えを修正しますが、まず無理でしょうね。
そもそも、9条と言っている集団は、 日米同盟の弱体化を狙っている中国の軍拡や侵略を手助けしている集団なのですよ。
外国に侵略されても武力を使わない、そのまま受け入れる。戦争をしないというは、そういうこと??日本がなくなっちゃうよ!

「戦争反対!」だれでもそう思うでしょう。私も戦争は反対です。しかし、国際社会は友達同士で喧嘩するのとは訳が違う。弱肉強食の世界、歴史を学び良く考えましょう。
軍事戦争だけではなく、経済戦争も進行中です。国を守り築いて平和を継続することは、たいへん難しいことで、真に日本のことを考えている政治家やマスコミを選択していく必要があります。