2015年6月28日日曜日

百田尚樹氏を応援します「沖縄の2つの新聞はつぶさないと」発言 盗聴で取材のマスコミは悪だ

http://www.nikkansports.com/general/news/1497679.html
 安倍晋三首相に近い自民党の若手議員約40人が25日、憲法改正を推進する勉強会「文化芸術懇話会」の初会合を党本部で開いた。
 安全保障関連法案に対する国民の理解が広がらない現状を踏まえ、報道機関を批判する意見が噴出した。講師として招いた作家の百田尚樹氏に助言を求める場面も目立った。
 出席者によると、百田氏は集団的自衛権の行使容認に賛成の立場を表明した上で、政府の対応について「国民に対するアピールが下手だ。気持ちにいかに訴えるかが大事だ」と指摘した。
 出席議員からは、安保法案を批判する報道に関し「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働き掛けてほしい」との声が上がった。
-------------------------------
・大西英男衆院議員(東京16区、当選2回)
 「マスコミを懲らしめるには、広告料収入がなくなるのが一番。政治家には言えないことで、安倍晋三首相も言えないことだが、不買運動じゃないが、日本を過つ企業に広告料を支払うなんて
とんでもないと、経団連などに働きかけしてほしい」

・井上貴博衆院議員(福岡1区、当選2回)
 「福岡の青年会議所理事長の時、マスコミをたたいたことがある。日本全体でやらなきゃいけないことだが、
スポンサーにならないことが一番(マスコミは)こたえることが分かった」

・長尾敬衆院議員(比例近畿ブロック、当選2回)
 「沖縄の特殊なメディア構造をつくったのは戦後保守の堕落だ。先生なら沖縄のゆがんだ世論を
正しい方向に持っていくために、どのようなアクションを起こすか。左翼勢力に完全に乗っ取られている」

------------------------
まったくそのとおりと考えている。私は百瀬さんと議員を応援します。
マスコミの報道の自由が尊重されるのであれば、反マスコミの報道や言動も保護されるべきで、私自身、沖縄の新聞報道や朝日新聞等の左翼新聞の報道には反感と疑問を持っているし、従軍慰安婦問題を捏造してもまだ偉そうなこと言っている朝日新聞ははやく消滅すれば良いと思っているし、これら低俗低能な新聞に広告を出しているスポンサーの商品はなるべく購入しないようにしています。
この考えのどこが悪いのでしょうか?個人の自由であります。私のような考えの人が多数になれば、自然に変な新聞は淘汰されるでしょう。議員だって色々な考えがあって良いわけですし、選ぶのは有権者ですから、議員の発言も尊重されなければなりませんし、議員の自由な発言を奪う野党の指摘こそ、言論の自由を弾圧しているものです。自由民主党はもっと弱腰ではなく、しっかりと対応しないと、バカにやられてしまいますよ。
言論弾圧問題としてすり替えせず、これら新聞がどう変なのか、という記事内容の議論になってほしいものです。
--------------------------

作家の百田尚樹氏の沖縄にかんする発言は、報道陣が内部会合の会話をガラス越に盗み聞きしたものであると分かった。人の内輪の会話を盗み聞きして報じたマスコミの卑怯さはさることながら、それをネタに政権批判・自民党批判を展開する野党も実に卑怯だ。ちなみに、沖縄2紙の悪質さは事実ではないか。
--------------------------
 :写真引用 http://medhihara.seesaa.net/article/421436062.html
石平さんの言うとおり、クローズドな身内会議を盗聴して作ったマスコミの攻撃だね、負けるなよ百田さん。盗聴して記事にした記者を表舞台に出して、その取材方法の是非を国会で議論せよ